健康診断のすすめ

Medical Examination

早期発見・早期治療が一番大切です

当院では、健康診断を積極的におすすめしています。

獣医療では、病状の進行した末に診察を受けられるケースがまだまだ多く、「もう少し早ければ」という局面に多く接します。

定期化した健康診断を実施することにより、早期発見・早期治療に結びつけることが出来ると考えています。

ただし、健康診断さえ行っていれば、健康になれるという訳ではありません。

結果をしっかりと分析し、治療の必要性を理解した上で、適切な治療を受けていただくケースもあります。

健康診断を受けても、異常を指摘させていただいても、そのままになっているケースは、我々としては非常に残念です。

ぜひ、積極的な治療への参加を期待しております。

主な検査内容

  • 血液検査

    血液検査

    血球計算と生化学検査を行います。肝臓・腎臓などの機能の健康を確認します。

  • 尿検査

    尿検査

    尿糖、尿蛋白、結晶の検査を行い、糖尿病や尿結石、腎疾患を調べます。

  • 糞便検査

    糞便検査

    腸内細菌の検査、寄生虫などの有無を確認します。

  • 眼科検査

    眼科検査

    角膜の乾燥や、眼脂、充血など異常が無いかを調べます。

  • 超音波検査

    超音波検査

    超音波(エコー)を使って体の外部から、内臓、消化器官などの内部構造を確認します。

  • レントゲン検査

    レントゲン検査

    各臓器の形状や状態の異常、骨格、骨折などを確認することが出来ます。

  • CT検査

    CT検査

    動物の体の周りを360度方向から連続的にエックス線を当てることで、体の中をあらゆる方向から観察出来る検査です。

  • 内視鏡

    内視鏡

    小型カメラで消化管内異物の確認、腫瘍の有無を調べます。