画像診断

Image diagnosis

CT検査

16列マルチディテクターCTを使用し、より細かなデータを低被ばく・短時間で撮影可能になりました。

CT検査は健康診断でも使用しています。検査は通常、鎮静下や麻酔下で行います。検査部位によりますが、撮影時におとなしく出来れば、高速撮影により無麻酔検査も可能です。

概要

どんな時に検査を行うか

●腫瘍(がん)が疑われる ●血管異常の検査 ●歯科疾患の検査 ●がんの転移の確認 ●背骨や骨盤などの骨折や脱臼 ●椎間板ヘルニア ●鼻腔内病変の確認 ●門脈シャント、内耳炎など

長所

高速撮影で無麻酔麻検査が可能。

検査のみの場合は、日帰りが可能。

3D画像で高度な検査で、レントゲン検査と比較して、10倍の診断精度。

短所

麻酔が必要な場合がある。

CT検査

内視鏡検査

消化管内異物の摘出や腫瘍の生検、および健康診断にも使用します。

静止画はもちろん動画もデジタルデータで大切に管理されます。

動物の場合の検査は、鎮静下・麻酔下で行いますが、検査のみの場合は、日帰りが可能です。

概要

どんな時に検査を行うか

●慢性の嘔吐・下痢がみられる ●食道炎、胃内異物、リンパ管拡張症(IBD)などの疑いがある時 ●血便、黒っぽい便、ゼリー状の便が続く ●吐出がみられる ●異物を飲み込んでしまった ●慢性のくしゃみや鼻血がでる

長所

デジタルデータを動画で管理出来る。

レントゲンでは見つけられない異常や炎症、出血の部位が確認出来る。

粘膜表面を内側から直接見ることが出来るのは内視鏡検査だけ。

短所

全身麻酔が必要。

内視鏡検査

超音波検査

フルデジタルカラー超音波診断装置により、レントゲン検査では困難な血流や病変の構造を正確に評価します。

心臓の形態はもとより、心筋や弁の動き、血流の逆流の程度、さらに微細な腎臓の血流や肝臓および胆嚢、前立腺や子宮などの病変を細かに描出します。健康診断にも使用します。

概要

どんな時に検査を行うか

●慢性の嘔吐・下痢がみられる ●食道炎、胃内異物、リンパ管拡張症(IBD)などの疑いがある時 ●血便、黒っぽい便、ゼリー状の便が続く ●吐出がみられる ●異物を飲み込んでしまった ●慢性のくしゃみや鼻血がでる

長所

デジタルデータを動画で管理出来る。

レントゲンでは見つけられない異常や炎症、出血の部位が確認出来る。

粘膜表面を内側から直接見ることが出来るのは内視鏡検査だけ。

短所

全身麻酔が必要。

超音波検査

レントゲン検査

人体用高出力レントゲン装置・TV透視装置によりハムスターや小鳥から超大型犬まで対応します。

デジタルレントゲンシステムの導入により、低被ばくも実現しています。

必要に応じて適切な造影剤を使用し、リアルタイムに病変を評価します。

脊髄造影検査や整形外科手術にも使用します。

概要

どんな時に検査を行うか

●骨折や脱臼、関節炎などの骨の病気を疑う時 ●異物を飲み込んでしまった ●肺炎や気管支炎など呼吸器の病気の程度を評価する時 ●膀胱結石や腎臓結石を疑う時 ●心臓や肝臓、腎臓などの臓器の大きさや変形の評価する時 ●出産直前に胎児の大きさを調べる時 ●歯の治療を行なう時

長所

デジタルレントゲンシステムの導入により低被ばくを実現。

デジタル化することで、従来のレントゲンより迅速に細部まで鮮明な画像で検査が可能。

フィルムとは違い画像を劣化せず長期保存が可能。

短所

平面的な画像による診断になる。

放射線を使う。

レントゲン検査

画像管理

電子カルテシステムとPACSシステムおよびCRの連携によりCT、レントゲン、超音波、内視鏡などのデジタル画像データはすべてシームレスに一元管理されます。

画像管理