ワクチン・フィラリア

Vaccine,Filariasis

混合ワクチンとは?

混合ワクチン

幼齢時には、母親の初乳の飲み具合や初回接種の時期により、2~3回の混合ワクチン接種が必要となり、以降は年1回のワクチンを継続します。

ワクチンの種類や接種の方法については、過去にワクチンアレルギーの経歴のある場合など、少し変則的になるケース(アレルギーを抑える薬を予め接種または服用する方法など)もあります。

なるべく午前中の接種をおすすめしています

アレルギー歴があったり、初めての場合は時間に余裕をもってご来院ください。

当院では、ペットホテルのご利用や避妊・去勢手術を実施する際には、混合ワクチンを1年以内に接種してあることが前提となりますのでご確認ください。

ワクチン接種時には、接種証明書を発行し、ご希望の方は次回の接種時期をメール、またはお葉書でご案内させていただきます。

フィラリア予防とは?

フィラリア予防

埼玉県では、統計的に4月下旬から11月中旬まで、蚊の発生が確認されているようです。

薬はいつから?

蚊が出始めてから1ヶ月以内に予防開始し、蚊がいなくなってから1ヶ月まで続けましょう。

予防期間に余裕をみて、5月上旬から12月中旬頃までを投薬期間としておすすめします。

血液検査は必要?

成犬のフィラリア予防開始時には、安全のため血液検査を実施します。当院では、成虫検査(ELISA法)と子虫検査(フィルター法)の2通りの方法でフィラリア感染の有無を確認し、投薬トラブルを防ぎます。

薬の処方について

毎月1回薬を与えていただきます。飲ませやすい形状をお選びください。

ほぼ体重の安定している成犬や、変動の少ない幼犬であれば予防期間中のお薬をまとめて処方可能です。

しかし、体重変動が大きいと予測される場合は、1~数ヶ月単位での処方となります。それぞれのスタイルに合わせて選択してください。

フィラリア症は、お薬を安全に上手に使って、確かな予防をしましょう。フィラリア検査の時期には、各種健康診断もおすすめしています。

ノミ・マダニ予防とは?

ノミ・マダニ予防

被毛をかきわけて皮膚に直接たらすだけのスポットオンタイプと被毛が濡れずに即効性のある錠剤タイプで予防します。

シャンプーや水浴の影響がほとんどなく、1ヶ月以上予防効果が持続するので安心です。

寄生するとノミ・ダニのアレルギーを起こしたり、他の寄生虫や感染症を媒介することがあります。

よって、駆除よりも寄生を予防することが大切です。

猫エイズワクチンとは?

猫エイズワクチン

猫エイズとは、人のエイズと同じように病気に対する免疫力が失われ、死に至る怖い病気です。今までの予防は、感染猫との接触(ケンカなど)を避けることが最善とされていました。

しかし、ついつい外出してしまう場合や、同居猫が多くその中の一頭が実は感染していたり、完全な接触回避が困難なケースも多く、ワクチンの有用性が期待されています。

※すでに感染している猫にはワクチンの効果はないとされています。

また、感染の可能性がある猫の場合は、事前に猫エイズ検査を実施し感染の有無を確認します。

※猫エイズがヒトやイヌに感染したという報告はないようです。