院内設備Equipment

4K内視鏡システム

4K内視鏡システム

カール・ストルツ4K内視鏡システム

傷の小さな・痛みの少ないを追求して導入されました。

通常の避妊手術(腹腔鏡手術)であれば、日帰りが可能となります。

手術用エネルギーツール

手術用エネルギーツール

TTHICON Generator GEN11 

超音波凝固切開装置HARMONICとバイポーラティッシューシーリングシステムENSEAL

CONMED system5000

内視鏡手術専用モードで止血凝固を行う電気メス

内視鏡手術 ENSEAL

内視鏡手術 ENSEAL

バイポーラティッシューシーリングシステムENSEAL

先端部のシャフトを手指のよう約55°曲げることが可能です。

狭部、深部組織へのアプローチ、血管への垂直なアプローチをサポートします。

内視鏡手術 HARMONIC

内視鏡手術 HARMONIC

超音波凝固切開装置HARMONIC

麻酔システム用ベンチレーター

麻酔システム用ベンチレーター

GETINGE MAQUET FLOW-i

これ以上ない麻酔リスク軽減を目指して導入しました。

高効率な換気性能を持ち、ハイリスク動物の周術期における、呼吸器合併症や回復遅延を軽減します。小さなネズミも人工呼吸管理する能力があります。

手術室1

手術室1

内視鏡手術室

手術室2

手術室2

ガラス越しに手術の見学が出来るように配慮しております。手術見学をご希望の方は、一定のお願いをご承知いただければ可能な場合もあります。

マルチディテクターCT

マルチディテクターCT

16列マルチディテクターCTを使用し、より細かなデータを得ることが出来、低被ばく・短時間で撮影可能。このCTは健康診断でも使用しており、通常は鎮静下、麻酔下で検査を行います。検査部位によりますが、撮影時におとなしく出来れば、高速撮影により無麻酔検査も可能です。

診察室

診察室

完全ペーパーレス化した電子カルテシステムとPACSシステム。デジタル化により、CT・レントゲン・内視鏡・超音波画像や動画はもちろん病変の場所を拡大したり、コントラストをつけることによって、ご家族にも分かりやすい画像を提示することが出来ます。診察をお待たせしないよう3部屋ございます。医療用画像にMACは使いません!

処置室

処置室

簡単な処置や手術を行います。手術の場合は、この処置室で麻酔がかけられ、術前の処置が行われます。

レントゲン透視装置

レントゲン透視装置

単純レントゲン検査、各種造影検査、脊髄造影検査などで使用します。必要に応じて適切な造影剤を使用し、リアルタイムに病変の評価を行います。整形外科手術にも使用します。

CRレントゲンシステム+PACSシステム

CRレントゲンシステム+PACSシステム

電子カルテシステムとPACSシステムおよびCRの連携によりCT、レントゲン、超音波、内視鏡などのデジタル画像データはすべてシームレスに一元管理されます。