4K腹腔鏡下避妊手術Laparoscopic Surgery

一生に一度の大切な手術は 痛み負担の少ない選択を

4k腹膣鏡下避妊手術とは、避妊・去勢手術の手段として近年注目されている、手術方法の一つです。
動物への痛みや体への負担が少なく、早期に退院出来ることが最大の利点と言われています。

当院では、2019年5月に内視鏡システムを導入以降、240件(犬の避妊手術の99%以上:2021年5月現在)の腹腔鏡下避妊手術を実施しました。

こちらでは、開腹手術との違いや、腹腔鏡手術の特徴を詳しく解説します。

腹腔鏡手術とは?

従来大きく切開をしていた様々な手術が、2-10mmの小さな切開を数ヵ所行うことで出来る方法です。
切開部にはトロッカーと呼ばれる筒状の器具を設置し、トロッカーを通してお腹の中に専用器具を入れて、お腹の中をモニター越しに確認しながら手術をします。

 

 

腹腔鏡手術の特徴

メリット
手術の傷口が小さい(2-10mm、小型犬の場合は3mmが2カ所、中型犬以上は5mmが2〜3カ所)
痛みが少ない
術後の回復が早い
手術術時間が短い
繊細な手術が可能
日帰り手術が可能(避妊手術や臓器生検の場合)
デメリット
特殊な専門設備が必要
高度な専門技術や知識が必要
一般の手術と比較して人手が必要
適応が限られる
手術費用が少し高くなる

アラスカンマラミュート 43kg

                                                                                                                                 アラスカンマラミュート43kg                         チワワ2.3kg

痛みが少なくて術後回復が早い理由

避妊手術の対象となる卵巣は、靭帯組織によって身体の奥深くに固定されています。
開腹手術の場合は、傷をなるべく小さくして、体外に卵巣を強く引っ張り出して手術を行うため、靭帯組織が引き伸ばされ痛みが強くなるとともに、術後の不快感が高まります。

一方、腹腔鏡避妊手術の場合は、炭酸ガスでお腹を膨らませて、高解像度の内視鏡でお腹の中を丁寧に観察しながら、自然な状態に近いところで手術をするので、痛み負担が少なく術後回復も早くなると言われています。

適応となる手術

※病態によって、一部適応とならないケースがあります。

完全腹腔鏡手術

【完全にお腹の中で行う手術】
・避妊手術
・腹腔内陰睾時の去勢手術
・胆のう摘出術
・副腎腫瘍摘出術
・予防的胃腹壁固定術 臓器生検(肝臓・膵臓など)

腹腔鏡補助下手術

【腹腔鏡を補助的に利用して、傷を小さく抑えながら行う手術】
・子宮蓄膿症
・膀胱結石摘出術
・門脈体循環シャント
・臓器生検(小腸・大腸など)

開腹手術と4k腹膣鏡下避妊手術の違い

開腹手術 腹膣手術
傷の大きさ 熟練度によって傷を小さくすることは可能 2mm~5mm程度の傷が2〜3ヵ所
痛み 卵巣を体外に引っ張り出すため、人体組織にテンションがかかり痛みが強い 体内の自然な位置で卵巣を切除するため、痛みが少ない
安全性 体内で出血や臓器に問題があっても確認出来ない 映像で体内の様子を観察することが出来る
動物への負担 大きい 小さい
入院 必要 手術当日に退院可能
手術費用 当院規定の通常料金 内視鏡機械が高額なため、高くなる