院内設備Equipment

再生医療システム

再生医療システム

自分自身の細胞を体外で培養し、病気や怪我の治療に役立てる治療法を再生医療(細胞治療)と言います。これまで、治療法が存在しなかった病気などに対する新しい治療法として注目され、世界中で研究が行われています。

処置室

処置室

簡単な処置や手術を行います。手術の場合は、この処置室で麻酔がかけられ、術前の処置が行われます。

診察室

診察室

完全ペーパーレス化した電子カルテシステムとPACSシステム。デジタル化により、CT・レントゲン・内視鏡・超音波画像や動画はもちろん病変の場所を拡大したり、コントラストをつけることによって、ご家族にも分かりやすい画像を提示することが出来ます。診察をお待たせしないよう3部屋ございます。医療用画像にMACは使いません!

手術台

手術台

電動手術台です。あらゆる方向に傾けたりスライドさせて、ポジションを変更出来ます。いずれは透視下での手術も可能なようになっています。

手術室用麻酔器

手術室用麻酔器

手術時に使用する麻酔機器です。動物の状態に合わせて適切な麻酔を行います。

生体情報モニタ

生体情報モニタ

手術時の安全確保のため、心電図・血圧・麻酔濃度・酸素分圧・呼吸状態などの情報を常にチェックします。

処置室用吸入麻酔器

処置室用吸入麻酔器

処置室で麻酔導入時に毛刈りや簡単な処置をする際に使用する吸入麻酔器。

半導体レーザー

半導体レーザー

麻酔が不可能な高齢動物や簡単な体表腫瘤の摘出や蒸散、歯周炎、および緑内障治療(レーザー毛様体凝固術)などに使用します。手術でしか達成出来なかった治療が、外来治療レベルで処置が可能になってきました。

動物用内視鏡検査装置

動物用内視鏡検査装置

消化管内異物の摘出や腫瘍の生検、および健康診断にも使用します。静止画はもちろん動画もデジタルデータで大切に管理されます。動物の場合の検査は、鎮静下・麻酔下で行いますが、検査のみの場合は、日帰りが可能です。

手術用双眼ルーペ

手術用双眼ルーペ

Keeler & Winner製のルーペです。脳神経外科手術や微細な手術で威力を発揮しますが、通常の一般外科手術にも使用しています。

Stryker Core system

Stryker Core system

整形外科のピンニングやドリルで使用する、ドライバーやサジタルソーです。

PAXロッキングアドバンスドシステム

PAXロッキングアドバンスドシステム

ロッキングプレートとスクリューシステムを採用した、最新型の整形外科インプラントです。骨折手術に使用することにより、より高い癒合精度が期待出来ます。